関ヶ原ファンクラブ限定モデル! 石田三成日本刀ハサミ(関ケ原合戦屏風付)
hot
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/13

関ヶ原ファンクラブ限定モデル! 石田三成日本刀ハサミ(関ケ原合戦屏風付)

残り3点

¥6,050 税込

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー10件

送料についてはこちら

■本商品に含まれる品 ・日本刀ハサミ:1 ・日本刀ハサミ用掛け台:1 ・関ケ原合戦屏風(約35.5cm×約17.5cm 重量 約88g):1 ・ギャランティーカード:1 ■重要事項 ・商品の写真では、刃の背部分に切込みが2カ所入っておりますが、本生産では、切込みはございません。 ■ファンクラブ会員様のみご購入が可能 関ケ原ファンクラブ会員様のみ購入が可能となります。 会員登録がお済でない場合は、以下よりお願い申し上げます。 ご登録は無料ございますので、ご入会頂いた後に改めてご注文下さい。 様々な特典もございますよ。 (無料登録はこちら。https://kakehashikun.com/fan/sekigahara/start) ■商品詳細 「関ケ原ファンクラブ」で、関ヶ原合戦で活躍した武将の中から東軍・西軍それぞれ4武将、計8武将をピックアップし、会員投票で一番人気となった武将「石田三成」をモチーフに、関ケ原ファンクラブオリジナルモデルを、岐阜・関の老舗刃物メーカー様と創りあげた刀ハサミ。 現在は、東京国立博物館が所蔵し、三成と深く関わりのある名刀[石田正宗]をイメージ(この刀が持つ物語性、独特の美しい刃文)した本製品となっております。 【三成が愛した名刀[石田正宗]とは・・・!?】 無銘ですが、沸(にえ)の美を表現した相州(そうしゅう)伝の作風で、石田正宗の名があります。 その由来は石田三成が所持したことによるもので、刀身に二カ所の受け傷があることから、石田切込正宗とも称されます。 「豊臣または宇喜多から三成に贈られたものであり、秀吉死後の加藤清正らの三成襲撃事件で警護をしてくれた家康の二男、結城秀康(家康の二男)に関ケ原の戦いの前年である慶長4年(1599)に、お礼として贈った。」というエピソードがあります。 三成の気性「何ものにも染まらない・・己の心情を変えない純粋な生き様」から、刀を収める鞘(サヤ)は、深黒色を使用しました。 また、そこに光る「大一大万大吉」の旗印は、純粋な三成が目指す世界を金色で明確に示唆したデザインとなっております。 【独特の美しい刃文のこだわり】 ハサミの刃文は、実際の石田正宗刀の刃文の一部(刃先から、刃の途中までの刃文)を抜き出した形に仕上がっています。 (石田切込正宗の刃紋に沿っておこした設計図を基に製作)